« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

8/9 analogは "Two Tenors' Hot Night"

浜松を代表する二人のテナーマンの共演がついに実現!

Original Funk-Rock Music "The Moody (K)nights"のリーダーホセアルベルト田村と、実力派Big Band "Blue Notes”の絶対的Solistとして君臨し続ける阿部裕康。
このPlay Styleが違う二人が、Two TenorsというJazzの最もHotなFormatで共演。ごきげんなリズムセクションと共に熱い夜をお届けいたします。

日時
2014年8月9日(土) 20:00 Start

料金
2000円(税込・飲食代別途)

場所
JAZZ SPOT analog(浜松 有楽街)

http://www.wr-salt.com/analog/index.html

メンバー
阿部裕康 (Tenor Sax)
ホセアルベルト田村 (Tenor Sax)
奥山福太郎 (Piano)
高野秀樹 (Bass)
日内地貴則 (Drums)

※ 8/9は、元々The Moody (K)nightsのライブ予定でしたが、メンバー負傷という事情により残念ながら中止となりました。その時間枠を利用してのライブとなります。
The Moody (K)nightsライブご来場予定だった皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。
この機会にいつもとは違うリーダーホセ田村の別の一面に触れていただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/9 ムディナ@analog中止のお知らせ

来たる8/9(土)に予定されていたライブThe Moody (K)nights @ analog.ですが、ドラマー浩一郎の怪我で5人での演奏が出来なくなったため残念ながら中止とさせていただきます。
(一週間以上前に決定したことですが、ここへの記載が直前になってしまい、申し訳ありません。)

トラを入れて、またはドラムレスで、と他の方法を探ったのですが、「この5人だからこそ出せるバンドサウンド」に拘ったゆえの決断です。
浩一郎の回復を見て次回以降の予定を組みたいと思っています。
楽しみにしてらっしゃった方には大変申し訳ありません。

尚、この日.はリーダーホセ田村が別のユニットで出演することが決定しました。

The Moody (K)nightsとは大分傾向の違う音楽(Mainstream Jazz)ですが、素晴らしいメンバーを揃え、エキサイティングなステージになるべく頑張りますので、この日ご来場を予定されていたお客様、演目が変わってもご来場いただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

久々ポンタさん

ムディナ以外の活動 "Jose, Taiki & Kono" 思いの外盛況で無事終了しました。
自分たちの知り合いではないお客さんの比率が多くて、これも緊張感あって良いです。直接関係ないのにムディナのCDも売り込み(笑)、何枚かご購入いただきました。ありがとうございます。

そして今週末7/11(金)の夜は・・・・(以下FBイベントページのコピペです)
======================================================
芸暦40年を超えるスーパー・ドラマー、村上“ポンタ”秀一。未だ衰えることのない切れ味とビッグサウンドは多くのミュージシャン とリスナーを魅了し続けている。
今回はソウルフルな歌声で活躍する今岡友美と、シャープなフレージングとグルーブのピアニスト柴田敏弥によるトリオで、 それぞれの魅力を余すことなく伝えます。
OAは、The Moody (K)nightsから、ポンタさんと縁の深いギターの石川、ベースの浜崎、サックスのホセの3人が務めます。コラボレーションもこうご期待!

● 村上'ポンタ'秀一(ds) ● 今岡友美(vo) ● 柴田敏弥(pf)
● 日時/7/11(金) 18:30開場 19:30開演
●場所 浜松 田町 ハァーミットドルフィン
http://www3.tokai.or.jp/hermitdolphin/#07
● 料金/前売 4,000円 当日4,500円 
※全自由席 ※1ドリンク別途

======================================================

という感じで、ムディナオリジナル・メンバー3人がOpening Actを努め、そこにポンタさんもプチ参戦、という予定です。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »